筆の響きを感じる日々

東京国立市にある”小さな”書道教室【筆の響(ふでのひびき)】を運営しています...朝笙
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

八ヶ岳へ行ってきました

休暇をとって八ヶ岳へ旅行に行ってきました。


梅雨があけたはずなのに、最近はずっとどんよりで、昨日もあめ降ったりやんだり。


昨日は、八ヶ岳アウトレッドでお買い物をして、八ヶ岳倶楽部で散策。


「森の時計」というほんとうに森の中にあるようなとても静かなペンションで一泊してきました。


きょうは、朝方少しあめでしたが、道に迷っている間にだんだんやんできて、目的地に着いた頃はおてんきとってもいいお天気になっていました。
迷わずに予定どおり到着していたら、あめだからと引き返していたかもしれません。迷ってよかったでした。


きょうの目的地は、尾白川渓谷。駒ケ岳神社です。


尾白川4

尾白川3

尾白川2

尾白川1




緑いっぱいで癒されました。また明日から仕事に書道に頑張ります!


楽しい思い出をありがとうラブ
癒し | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

片岡鶴太郎展......伊勢丹立川店にて

きょうから8月18日(月)まで開催されている片岡鶴太郎展へ行ってきました。



2時からトークショーがあるというのを前日のチラシで見ていて、普段はそういうものにはあまり出かけていかない私が、なぜか、



これは絶対に見なきゃ!!!



と思い、朝10時から整理券配布のために1時間前から並びました。

ドアがあきエスカレーターを駆け上がって41番をゲット。



時間までとてもわくわくしていました。



鶴太郎さんは思っていたとおり、お話はとてもおもしろく、引きつけられて1時間ちょっとたっぷりと聞かせていただきました。


時々お客さんにも質問したり、話しかけたりしながらとても暖かい感じで。


ほんとうにいいお顔をされていました。



絵に対して、情熱を持って、いろいろと努力もたくさんされているようです。



テーマは

「No rain, No rainbows.」
雨降らずば、虹は出ず


雨が降らなければ虹は出ない




いい言葉です。



絵は見たままを描けばいい。

上手に描こうなんて思わなくてもいい。

うまい絵は鼻につく。

うまいからいいというわけではない。



書もそうだな〜と思いました。

私はいつも、上手に書こう、綺麗に書こうと意識してしまいます。


きょうのお話を聞いて、とても楽になりました。



そして、絵を書くときは、そのものをじっくり見る。

いわしを描くときに、いくつかある魚たちのなかから、自分が気にいった子を描くそうです。


出来上がったときにタイトルは「いわし」となっても、自分はいわしを描いたのではなく、「その子」を描いたんだと感じるそうです。


いわしと二人っきりで何時間も過ごす時間のなかで、いわしってこんな色をしていたんだ、目はこんな形をしていたんだとかたくさんの発見があり、だんだん見ているといろいろなものが見えてくると。



筆跡診断をしようとして文字を見ていると、最初はなにもわからなかったことが、どんどん特徴が浮かびあがってきたり、小さい癖が見えてきたりします。

注意してみればいろんなものが見えてくるのですね。



きょうの鶴太郎さんのお話は今私が聞く必要があったものばかりでした。



画集も買って、本も2冊買ってきました。

本を読んだらまたいろいろな思いが出てくるでしょう。



そして、私も絵を描いてみたくなりました。


上手に描かなくてもいい。


という言葉があれば描けそうな気がします。



鶴太郎さんありがとう。







朝笙
癒し | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

観音崎、城ヶ島へ

城ヶ島2
城ヶ島1

こんばんは。朝笙です。


きょうも横浜を通り越し、横須賀、三浦半島へ行ってきました。

数日前に急に灯台が見たくなったのです。

なぜだかわからないですけど....


そして、思い立って出かけてしまいました。


横須賀からバスで、観音崎へ。
そして、次に城ヶ島へ。

お天気はよくなかったですが、雨に降られることもなく目的は達成してきました。


帰りのバスは道路が大混雑でした。
城ヶ島から三崎口駅まで普段は30分くらいだそうですが、1時間半かかりました。
運よくすわれたので、1時間半は居眠りしたりけっこう休めました。

途中で、運転手さんがいきなり

「お客さん、すみませんが、お手洗い行っていいでしょうか」

とアナウンス(笑)

路線バスで、そんなことって初めてです。

そしたら、皆さん我慢していたのか、

「一緒に行っていいですか?」

というかたがあとからあとから。。。


運転手さん、戻られて、まるで観光バスの休憩のあとのように、

「皆さん戻られてますか?」


なんて(笑)


渋滞のイライラも笑いで和やかな雰囲気となり、気分よく渋滞を乗り越えられました。


きょうは、何の問題もなく、満足な1日でした。


そして、新月の時間には自宅に戻り、静かな気持ちでその時間を迎えられたことを感謝します。


ありがとう。






癒し | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

サウンドヒーリング

おはようございます。朝笙です。


昨日の続きですが、
ちょっとスピリチュアル系です。

「サウンド(オンサ)ヒーリング」というものをうけてきました。


4月10日の日記に書いたエンジェルチューナーと出会ってから、チューナーにとても興味を持ったのです。


毎日生活の中に取り入れながら、チューナーの振動を感じていて、ふわ〜っと飛ばされる感覚がありました。

エンジェルチューナーは4096Hzとものすごく高い周波数なので、音楽で使うチューナーの感じとはぜんぜん違います。

チューナーについていろいろ調べてるうちに、体の部分部分にあった周波数があることを知り、その1つ1つに合うチューナーも作られていたのでした。


1本1本のチューナー、周波数に意味があり、その振動を体に伝えることによって変化が起こるらしいのです。


まだ勉強不足なので、 なにが?なんで?どうして?だから?
と疑問だらけですが、頭で考えるより、まず、体験してしまおうと、サウンドヒーリングをうけることにしました。

チューナーを振動させて、耳で聞いたり、振動しているチューナーを体の上で回したり、そんなことの繰り返しなだけなのですが。。。。。


それによって、すぐに、何か変化がおきたわけではありません。

何か変化が起きるのでしょうかね。これから。


チューナーについての使い方などを教わってきました。
このチューナーも書道とのつながりをもたせて使用できることがいろいろありそうなのです。
いろいろとアイディアをいただいてきました。

なんだか楽しくなりそうです。


チューナーについては、これからいろいろと勉強して、またわかったことなどをお伝えしていきたいと思います。


癒し | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

素敵なCDとの出会い

7chakra
素敵なCDに出会いました。
スピリチュアルアーティストの堀田健志さんというかたの「7CHAKRA」というCDです。

このCDジャケットも素敵でしょう?




人間の精神エネルギーの中枢を司る「チャクラ」に焦点を絞り、チャクラの活性化と、チャクラのヒーリングを目的にした希少なスピリチュアルアート作品です。
(堀田健志さんHPより)

「チャクラ」という言葉は聞いたことがないかたもいらっしゃるかもしれませんが、ヒンズー語で「エネルギーの輪」という意味です。
詳しくは、堀田健志さん公式HPにあるCulumnでも説明されていますので興味のあるかたは見てみてください。


HPでは1曲ダウンロードもできます。


ヒーリング用のCDというのはたくさん出回っていて、私も、「川の流れ」や「鳥の声」のするCDとか、雅楽のものとか、オルゴールなど、いろいろ持っています。

でも、この堀田さんのCDはそのどれとも違う、不思議な力を持っている音楽です。

昨日CDが届いて、今5回目を聴き始めたところです。


その1回、1回がまた違った感覚を受けます。


聴くときの体の調子、心の調子によっても変わってくるのかもしれませんね。


昨夜は聴きながら寝てしまいました。
ふわっと宇宙?知らない空間に連れていかれたようなとても不思議な感覚の中で眠りにつきました。

ヘッドフォンでちょっとボリュームを大きめにして自分ひとりの世界に入って聴くのがお勧めです。

これからもっともっと活躍されて、素敵な音楽を作っていってほしいなと思います。



朝笙



癒し | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ホワイトセージ




ホワイトセージの苗が届きました。

ホワイトセージはパワーストーンの浄化に使用します。
普通は乾燥したものを燻して使うのですが、
このように苗で購入するのはめずらしいのでしょう。

ネットで探してもなかなか見つかりませんでした。

大切に育てます。


癒し | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -